糖質ゼロ、カロリーゼロに隠された人工甘味料に注意!!

みなさん人工甘味料ってご存知ですか?

はちみつなどの天然の甘味料ではなく、

人の手によって作られた甘味料ですね。

 

これ実は糖質ゼロと謳っている商品に入っている可能性も。

添加物って聞いたことありますよね。

これは摂りすぎ良くないってことも。

 

人工甘味料もそうなんです。

そんな人工甘味料についてご紹介します。

 

人工甘味料とは??

そもそも人工甘味料とはなにか。ということです。

 

甘みをつける甘味料を人工的に作ったものの事を言います。

人工甘味料は大きく分けて2種類の分野に分けることができ、

それが「合成甘味料」と「糖アルコール」といわれるものです。

 

合成甘味料は、この世にはない成分を人工的に作り出した甘み成分の事をいい、

糖アルコールは自然界に存在する成分を人工的に作り出しているもののことを言います。

 

そのほとんどが、甘みを感じるのに低カロリーだったり、カロリーゼロ。

だから糖質ゼロとか、カロリーゼロというお菓子や飲み物に使われるんですね。

 

本来なら糖質が体に入るとインスリンというホルモンが体を動かす源として各細胞に糖質を配分していきます。1日に配分する量が決まっているため、それ以上の糖質は全て脂肪細胞へと送られてしまい結果肥満につながります。

しかし、人工甘味料の場合、体が糖質だと判断をしないため吸収されず、摂取した翌日にはほぼ100%体の外へ排出されます。ですから結果的にゼロカロリーになっているという流れです。

人工甘味料の専門ページより抜粋

実は危険?な人工甘味料とは?

↑この表みてどう思われますか?

ゼロと謳っているものでも実はカロリーあったり、糖質、脂質が含まれているんです。

これ以下ならゼロと記載していいと消費者庁が言っちゃってるんです。

 

だからダイエットのためにゼロカロリーと書いてあるものを選んで食べていても、

実はカロリー摂っていたり、糖分を摂取してたりするんです。

 

しかもこういったゼロキロカロリーやカロリーオフとされていても

結構甘いものありますよね。

その表示を見ると甘味料・・・使われています。人工のね。

 

日本で認可されている人工甘味料は

サッカリン、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK、ネオテーム、アドバンテームの6種類。

実は危険性が違うので詳しくはこちらをご覧ください↓

人工甘味料の専門ページ

 

これらのどれかが使われているはずです。

お店でも見てみてくださいね。

 

しかも、こういった人工甘味料。

ゼロカロリーだ。大丈夫。と思って食べていると・・・

痩せるためなのに逆に太ったり、糖尿病になるリスクがあるんです!!

 

 

このため人工甘味料を「肥満剤」と呼ぶ食品業界関係者も多いんですよ。

「米国国立衛生研究所により、ダイエット飲料は成人のうつ病リスクを増加させる恐れがあるとの研究結果が発表されました。さらに米・ハーバード大やコロンビア大学の研究では、人工甘味料入りの炭酸水を毎日飲むと、腎機能障害や脳卒中、心筋梗塞、血管系疾患の発症リスクが高まることもわかっています」

NEWポストセブンのページから抜粋

 

体重を減らして健康になるために摂ったものから

病気になってしまったらどうしようもありませんよね。

 

人工のものを摂るより、自然のものを摂りましょうね。ということですね。

多少カロリーが上がっても、はちみつなどを使って自分で作るほうが

体にもいいし、結果ダイエットもできる気がします。

 

先ほどの表を改めて見て下さい。

ゼロとあっても4キロカロリーあるかもしれないし、

カロリーオフとあった場合も飲み物なら19キロカロリー、

食品だと39キロカロリーある可能性があるんです。

 

それだったら我慢してそれを摂るより、

他の好きなものをしっかり食べたほうがいいですよね。

 

これは偽りではないんです。

メーカーが悪いわけでもない。

こう表示していいと法律で決まっているんです。

これを知っていると知らないでは全然違いますよね。

 

お店に買い物に行ったとき、

自然と表示見るようになり、自分に必要なものを買えるようになります。

 

それは自分のためでもあり、

家族のためにもなります。

 

夏休みの今、

子どもと一緒にお買い物。増えますよね。

欲しいものたくさんあるはず。

そこでもこの知識をきちんとお子さんにも説明してあげてください。

 

「体に悪いからダメ。」ではなく、

「自然のはちみつとかじゃなくて、

人の手で作られた甘いものが入っているとね

たくさん遊んだりしたくても疲れてしまったりしちゃうから

なるべく入ってないものを選ぼうね。」

と詳しく説明してあげてください。

 

2,3歳でもしっかり説明すると分かってくれます。

じゃぁ、お茶にする。とかお水にする。となります。

お家でつくるお茶などが一番ですが、

お出かけ先だと難しいと思うので、

そういうときにきちんと選べるようになるといいですね。

 

まとめ

大人がこういうことをしっかり知っておくことで、

他の家族や子どもたちを危険から守ることができます。

 

全て摂らないようにするのは砂糖と同じく難しいですが、

自然界にある甘いもので満足できるのが一番かなと思います。

 

自由研究にしてしまうのもいいかもしれませんね。

買い物に行って表示を一緒に見て、何が入っているのか。

多分色んなものに共通して入っているものがあったり、

子どもたちが何に興味があるのかも分かったりしますよね。

 

あとは普段食べているものの表示を調べてみるとか。

意外なものが入っていたりするので楽しいかもしれません。

 

これなんだろう?っていうのもあったりすると思うので、

そういうものは本やネットで調べたりね。

 

↑自分がやりたくなったので提案してみましたw

 

親子で楽しみながら食の安全について考えてみてもいいのではないでしょうか?

 

関連記事

白砂糖の恐怖・・・調べれば調べるほど怖さに気がつきました。

40歳をすぎたら「まごわやさしい」食事を摂ろう♪

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG